学科教習

【学科教習のコツ3・読解力編】どんなにやっても合格しない・・・。その理由9選!

学科教習のコツ3

さて、ここまで【学科教習のコツ・基本編】【学科教習のコツ・勉強法編】
説明してきました。

今までの説明を読んで「大丈夫そうだなぁ」と思った方はそれでOKです(^^)

ここからは「学科がものすごく苦手」「模擬テストも難しい」といった方が
どうしてなかなか先に進めないでいるのかをお話ししていきます。

それためこのページはとても長いです。

ゆっくり確認しながら読んでいってくださいね。

なぜ模擬テストに合格しないのか?
なぜ学科が苦手なのか?

その理由をしっかり自覚して、模擬テスト、そして学科試験に合格できるように頑張りましょう(^^)

【学科教習の苦手な人】点数が取れない!?一つでも当てはまる人は苦手かも!

ではこれから「こういう方は学科で苦戦している」「点数が取れない」かも・・・?の例をあげていきます。

ちくたく

説明はあとにして、どんどん「点数が取れない」「苦手」な理由をあげていきますね。

ミミ

あわわわ・・・!!

学科で点数が取れない人の例
  1. 問題文を最後まで読んでいない
  2. 教科書(教本)をしっかり読んでいない
  3. 覚えていないのに復習をしていない
  4. 試験に出る主な用語を覚えていない
  5. 自分の交通ルールで解答している
  6. 長文に慣れていない・長文が苦手
  7. 同時期に入校した人と比べて焦ってしまう
  8. 何とかなると思っている
  9. 素直じゃない
ミミ

うぎゃ!!

さて、どうでしたか?

それでは一つずつ説明していきますね(^^)

【学科教習で点が取れない理由・その1】問題文を最後まで読んでいない

読解力その1

まずひとつ目は、そのまま読んで字のごとく、

「問題文を最後まで読んでいない」

です。

模擬テストなどを何回も受けても点数が上がっていかない、点数が取れない。

その大きな理由の一つです。

ちくたく

しっかり読まず、だいたいで読んでしまって
きちんと問題文を理解しないまま解答してしまっているのです。

ミミ

ふむふむ、例えば?

例えば・・・
  • これは赤信号が・・・って書いてあるから○だ!と決めて解答しまう。
  • 絶対って書いてあるから○だ!と決めて解答してしまう。

【学科教習のコツ・勉強法編】でも説明しましたが、丸暗記するべきポイントはあります。

もう一度確認してみましょう。

これは丸暗記だね
特に覚えるところ
  • 「必ず」が使われたところ
  • 「〜ねばならない」が使われたところ
  • 最大積載量、車両総重量
  • 道路標識、道路標示、信号、手信号
  • 「〜以上」「〜以下」
    これらはその数字を含みます。
  • 「〜未満」
    これらはその数字を含みません。
  • 「こえる」
    これらはその数字を含みません。
  • 徐行しなければいけない場所
  • 追い越し禁止場所
  • 駐停車禁止場所
  • 駐車禁止場所
  • 「例外」
  • 「原則」

この「特に覚えるところ」は覚えるしかありません。

模擬テストを何回も受けながら、だんだんと覚えていくんですね。

ところが、ちくたく指導員によると、

ちくたく

「問題文を読んでる?」と聞くと「読んでます」と言うんだけれど、
ちゃんと読んでいないから
テストの時間が早く終わっちゃったりしているんですよね。

とのこと。

当てはまる方は、もしかしてテストの点数はなかなか取れないけれど、時間がすごく余ったり早くテストが終わったりしていませんか?

問題文をきちんと読んでいる場合は時間がかかります。

引っかけ問題を理解しようとしているからですね。

しかしながら最後まできちんと読んでいない場合はサラッと進んでしまうため
逆に時間が余ってしまってテストが早く終わってしまう。

それで採点をしてみると、かなり間違えてしまっている、と言うわけです。

ちくたく

そういった場合は深く考えていないことが多く、
根本的なところが分かっていないのです。

  • 根本的なことが分かっていないので、試験が苦手な方ほど早く終わってしまう。
  • 要するに問題文をよく読んでいない。最後まで読んでいない。
ちくたく

そのため「引っかけ問題」にも引っかかっていないのです。
問題文の大事なところは完全にスルーしている状態ですね。
それが時間がかからない理由です。
引っかかっていないけれど、もちろん問題には間違ってしまいます。

ミミ

なるほどなぁ。
他には何かある?

ちくたく

あります。
実はしっかりと根本的なことが分かっていないのに
問題文(模擬テスト)を受けすぎて、問題文を暗記してしまうこともあるのです。

問題文を暗記するほど模擬テストを受けているのに、
そこできちんと「なぜ間違えてしまったか」を考えないと
何回模擬テストを受けても同じところを間違えてしまいます。

これはとてももったいないです。

ちくたく

同じ引っかけ問題にずっと引っかかっているのなら、
なぜなのかしっかり確認しないといけませんね。

問題文は最後まできちんと読んで解答し、
そこで間違えてしまったところをしっかりと覚えていきましょう(^^)

これは次の理由にもつながっていきます。

さっそくそちらも確認してみましょう。

【学科教習で点が取れない理由・その2】教科書(教本)をしっかり読んでいない

読解力その2

ここまで何度も説明していますが、教科書(教本)をしっかり読んで覚えることは基本です。

そして先ほどの、「特に覚えるところ」はきちんと覚えていますか?

ミミ

やっぱり基本は大事なんだね。

ちくたく

そうですね。
早く進むような近道はなく、遠回りに思えても基本を抑えること。
それが一番の近道です。

だいたいの人は引っかけ問題に「あれ?」となって、「ああ、これはこうだな」と解答していきます。

ひねられた問題にもしっかり解答していけるのは、きちんと教科書(教本)を読んで少しずつ覚えていったからです。

点数は少しずつ取れるようになっていきますから、頑張って覚えていきましょう。

この部分は基本ですから、【学科教習のコツ・基本編】【学科教習のコツ・勉強法編】のページで
しっかりと確認していきましょう!

【学科教習で点が取れない理由・その3】覚えていないのに復習していない

読解力その3

これも今までの基本的なところと同じです。

ちくたく

受けられる学科教習が終わっていたら、
しっかり復習しましょう。
「特に覚えるところ」は丸暗記してくださいね。

なぜなら、答えは教科書(教本)に全て載っていて、
そこからしか問題は出ないからです。

復習もせずに模擬テストなどを受けても、教科書(教本)を覚えていないのですから
点数が取れない、合格できないのは当たり前なのですね。

最初はビックリするほど点数が取れません。

そして最初はそれが普通です。

間違えたところを確認して、しっかりと復習して、また模擬テストなどを受けてみましょう。

だんだんと点数を取ることができるようになり、合格点に達することができるようになります。

ちくたく

そうなってくるとそこから点数が落ちてしまうことはありません。

それはしっかりと復習をして、きちんと頭に入って覚えた証拠なのですね(^^)

頑張って復習していきましょう!

【学科教習で点数が取れない理由・その4】試験に出る主な用語を覚えていない

読解力その4

さて、「その4」は「試験に出る主な用語を覚えていない」です。

これはどういうことなのでしょうか?
主な用語とは何でしょう?

そして主な用語を覚えていないとは、一体どういうことなのでしょうか?

ちくたく

これは勘違いをしていることが多いです。

例えば次のような勘違いです。

勘違いポイントはここ!
  • 自分は自動二輪だから、その用語だけ覚えておけば良い。
  • AT車限定だからMT車の用語は覚えなくて大丈夫かも。
  • MT車だからAT車限定の用語のことは試験に出ないよね。
  • 普通自動車免許だから自動二輪の用語のことはいいかな。
  • トラックとかは乗らないから用語も覚えなくてもいいよね。

学科教習は皆さん同じことを学んで覚えます。

自分が自動二輪の免許を取得しにきているから。
AT車限定だから。
トラックに乗らないから。
関係ないところは覚えなくて大丈夫だと思う。

ちくたく

これは大きな勘違いです。

試験には教科書(教本)に載っている用語が使われます。

あなたが手にした教科書(教本)の内容は、覚えなくてはいけないものですし試験に出るものです。

自分の分野だけの用語などが試験に出るわけではありません。

ちくたく

そして用語の意味を覚えていないと問題の意味がわかりませんから、
点数を取ることもできないというわけですね。

つまり、

  • AT限定免許が主流になってきたが、まだまだMT車の免許を取得する方もいる。
  • AT限定免許の人ももちろんMT車の用語も覚えなくてはならない。
  • MT車の人もAT限定免許の用語を覚えなくてはならない。

ということ。

このように関係のないと思いがちな用語も、しっかりと覚えなければいけないのです。

ちくたく

ときどき「問題文に載っているクラッチって何ですか?」と聞かれたりしますよ。
あとは「アクセル」は分かるけれど「スロットル」が分からないとかですね。

クラッチとは何でしょう?
スロットルとは何でしょう?

答えは全て教科書(教本)に載っていて、試験に出たりすることもあるかもしれませんよね。

他に例えば、どんな用語があるでしょうか?

意味は何だっけな??
主な用語の一例
  • クラッチとは?
    (クラッチを切るとは?)
  • スロットルとは?
    (スロットルを開けるとは?)
  • 軌道敷とは?
  • わだちとは?
  • 転回とは?
ちくたく

これはほんの一部です。
問題の意味が分かるように、
しっかりと用語の意味を覚えておきましょう。

用語を知らないことは恥ずかしいことではありません。
それよりも「知ったふり」をして間違いを直せないことの方が大変ですよね。

分からない用語があったら、調べたり聞いたりして、
その時にしっかり覚えてしまいましょうね(^^)

教科書(教本)に載っている用語は全て関係があって試験に出ます。

しっかりと用語を覚えておきましょう!

【学科教習で点数が取れない理由・その5】自分の交通ルールで解答している

読解力その5

先ほどから説明している通り、学科試験の答えは全て教科書(教本)に載っています。

それは理解しているものの、学科試験になると
「自分の正しいと思っていること」を解答してしまう方がいて、間違えてしまうのです。

ではそれは一体どのようなことなのでしょうか?

ちくたく

例えば次のようなことです。

例 題

歩行者のそばを通るときは、
絶対に安全な間隔をあけなければならない。

【注意:この問題は当サイトが作成した例題です。】

この例題を見て、

教習生・ブタさん

(あ、歩行者のそばは危ないもんね、絶対に安全な間隔をあけなきゃね!)

ちくたく

いいえ、答えは×です。
安全な間隔があけられない場合は徐行しなければなりませんが
通過することはできますよ。

教習生・ブタさん

ええっ!でも間隔をあけないと危ないと思うけど!?

ちくたく

それが「自分の(正しいと思った)交通ルール」です。
本当の交通ルールではないのです。

となってしまうわけです。

あなたが「これは危ないからこうだな」と思ったとしても、それが正しい交通ルールかどうか、
きちんと教科書(教本)を確認しましょう。

「自分の交通ルール」で解答してしまう方は間違っていることがあるため点数を取ることができません。

さらにきちんと「原則と例外」を覚えていないと点数は取れません。

ちくたく

教科書(教本)は読んでいるものの、きちんと覚えていないため
このような「自分の交通ルール」で答えてしまうのです。

ミミ

やっぱりしっかり教科書(教本)を覚えないとダメなんだね。

正しいことは全て教科書(教本)に載っています。

その中の「特に覚えるところ」である「原則」と「例外」はとても大切なところです。

しっかりと覚えて、「自分の中の正しい交通ルール」ではなく「正しい交通ルール」で解答しましょう!

【学科教習で点数が取れない理由・その6】長文に慣れていない・長文が苦手

読解力その6

これは文章を読む力や国語力などにもつながってきますが、最近では短いメッセージを読むことが増え、
長い文章を読んで理解することが少なくなりました。

会話の中では短いやり取りの方が楽しく、また楽だったりもして、それはそれで有効ですよね。

ただ学科教習や試験となると違います。

そこまでの長文ではないものの、表現は変わっていても正しいことを伝えようとしているかを判断しなくてはなりません。

一番最初の「その1」でもあったように、問題文を最後まで読む力もないといけないのですね。

ちくたく

長文に慣れていないとせっかく読んでも意味が分からなくなってしまいます。
学科試験の問題文に慣れて、しっかり解答できるように練習していきましょう。

長文を読み解いていくコツは次のようになります。

長文読解のコツですよ
  • 最初は長く感じる問題文を短く区切って
    理解していくようにしましょう。
  • 少しずつ慣れてきたら、教科書(教本)の文章のまま理解して
    問題文を読むようにしていきましょう。
  • 最終的に試験に出るような問題文を模擬テストなどで時間内に
    理解し解答できるようになれば大丈夫です。
  • 焦らずに少しずつ理解していきましょう。
  • このような文章を読むことができるなら大丈夫ですよ。
  • 実は本当はきちんと長文を読める方も多いです。
    自分は苦手かな?と思っている方も頑張ってみましょう。

さらに、先ほどの例題を正しく読み取れるように練習してみましょう。

問題文を例文にして考えて覚えたり、答えられるようにしていきます。

例 文

歩行者のそばを通るときは、歩行者との間に安全な間隔をあけなければならないが、
道路が狭かったり障害物があるなどして安全な間隔をあけることができないときは、
徐行して通行する。

この例文を箇条書きに分解してみましょう。

やってみよう!
まずは文章を区切ってみよう

歩行者のそばを・通るとき・は

歩行者との間・に・安全な間隔・を・あけなければならない・が

道路・が・狭かったり・障害物がある・などして

安全な間隔・を・あけることができないとき・は

徐行して・通行する

「原則」と「例外」だね
キーワードをひろっていこう
  • 歩行者のそば
  • 安全な間隔
  • あけなければならない
  • あけることができないとき
  • 徐行

接続詞や助詞をこのように区切って無くしていくと、分かりやすく覚えやすくなりましたね(^^)

最初は難しいなぁと思っても、これも「慣れ」です。

最終的にできるようになればOKなのです!

最初は難しいなぁと思っていても、コツが分かれば問題文の意味も分かってきます。

最後の試験も運転免許試験場などでの学科試験になりますから、一緒に頑張っていきましょう(^^)

ちくたく

もちろん、通っている自動車学校・自動車教習所の教習指導員に聞いても大丈夫ですよ。

【学科教習で点数が取れない理由・その7】同時期に入校した人と比べて焦ってしまう

読解力その7

お友達と一緒に入校したり、同じ入校式にいた人を何となく覚えていたりしますよね。

最初はそんなに気にならなかったけれど、教習が進むにつれて

「あれ?自分よりも早く進んでいないかな??」

などと思うこともあると思います。

ちくたく

同じ時期に入校した人が自分よりも早く進んでいて、
その上自分がうまく進んでいないとなると、焦ってしまったりしていませんか?

そのようなとき、自分とその人との進み具合を比べないようにしましょう。

  • 教習の進み具合も人それぞれ
  • ゆっくり進める人もいる
  • 早く免許を取得するために頑張る人もいる
  • 苦手なところを何度も頑張る人もいる

と、進み方も進め方も人それぞれ違うのです。

そしてそこで焦ってしまうと、まだ自分の実力が追いついていないのに
人と比べて同じように進めようとして上手く教習が進まなくなるのです。

さらにとても大切なのは

卒業後に安全運転をし続けること

です。

これ以外に重要なことはありません。

せっかく自動車教習所などに通って、失敗をしながら学べるのですから、
焦らずにそれを有効に使っていきましょう。

ちくたく

それはもちろん学科教習も技能教習も同じです。

ミミ

そして誰かと比べるのではなくて、
お互いに学び合えることはステキなことだよね!

もしお友達が先に合格したり卒業することがあったら、そこは「おめでとう!」ですよね。

そして自分は教習期限を考えながら、自分のペースでしっかりと学んでいきましょう(^^)

【学科教習で点数が取れない理由・その8】何とかなると思っている

読解力その8

「まぁ、何とかなるでしょ!」

そう思っている方は少なくないはずです。

だいたいの方は学科教習も技能教習も、苦労しながらだんだんと成長を続け
卒業していきます。

それが「何とかなる」ということなら、半分当たりで半分は違います。

ちくたく

頑張ったのですから、努力をしたはずですよね。
その結果、何とかなったとは言えますね。

つまり、努力せずに「何とかなる」と言うことは無い!ということです。

学科教習を受講中にいつも他のことを考えてしまったり、覚えるべきところを覚えないままで
本当に何とかなるでしょうか?

ただ単純に「何とかなる」と思っている方は大きな勘違いをしています。

しっかりとやるべきことをやって卒業を目指しましょう(^^)

【学科教習で点数が取れない理由・その9】素直じゃない

読解力その9

皆さんは真面目に教習を受けていると思います。

それでは「素直じゃない」とはどういうことなのでしょうか。

ちくたく

それは学ぶ姿勢です。

ミミ

具体的にはどういうこと?

ちくたく

そうですね。
例えば次のようなことです。

素直になろう
学ぶ姿勢は大事!
  • 模擬テストで点数が取れないとき、素直に理由を考えること。
  • 模擬テストなどの採点を受けたときなど、
    教習指導員にアドバイスをされたら素直に聞く気持ちを持つこと。
  • あまり思うように教習が進まないことがあっても、変にすねたりしないこと。

例えば、模擬テストなどで成績が上がらないとき、教習指導員からアドバイスがあることがあります。

そのとき、どのような気持ちや姿勢でアドバイスを受けるか。

実はとても重要なのです。

ちくたく

本当にまれな場合なのですが、
アドバイスを素直に聞いてもらえないことがあるのです。

ミミ

なるほど、分かるかも。
ちょっとすねちゃうんだね。

ちくたく

そうですね。
こうしたらどうかな?と思って言うのですが、
素直に聞いていないなぁ、となるんですね。

模擬テストなどで点数が取れないと、嫌になってしまう気持ちもとてもよく分かります。

ですが、教習指導員からのアドバイスがあったら、素直に聞いてみましょう。

なぜならそれが点数が取れるようになる道だからです。

「こうしたら良いと思うよ」というアドバイスに対してスルーしてしまう、と言うのは
あまりにもったいないのです。

その上で分からないことがあったり、点数が取れない悩みなどは
教習指導員に相談してみたりしても大丈夫ですよ(^^)

ちくたく

私はどうしても難しい場合などはマンツーマン指導をしたこともあります。
できない時の気持ちはとてもよく分かりますが、
変にすねたりヤケになったりせず、素直に向き合ってみてくださいね。

なかなかうまく進まないときの気持ちは本当によく分かります。

そしてそんなときこそ、素直に「できないのはなぜだろう?」と、アドバイスを聞いたりしてみてください。

きっと良い方向に向かうはずです!

ぜひ自分と向き合って、頑張ってみてください(^^)

【学科教習のコツ3】まとめ

ここまで長く説明してきましたが、どう感じたでしょうか?

簡単にまとめていきましょう。

頑張ってね
学科教習のコツ・読解力編まとめ
  • 問題文は最後まで読もう!
  • 教科書(教本)をしっかりと読もう!
  • 覚えていないところは復習しよう!
  • 試験に出る主な用語は覚えよう!
  • 正しい交通ルールで解答しよう!
    (教科書に載っている内容が全て!)
  • 長文が苦手だったら、区切って文章を考えよう!
  • 人と比べず、焦らずに自分のペースで進めよう!
  • ただ何もせず「何とかなる」ことはない!
    頑張って「何とか」しよう!
  • できないときは素直にアドバイスを聞こう!

学科が苦手、それはそれで仕方がないのです。

それでも免許が欲しい!ということなのですから、そこはコツを覚えて
頑張って乗り越えていきましょう。

私たちはそのように卒業していった教習生をたくさん見てきたのです。

なのでこれを読んだあなたが学科試験に合格できるのは間違いないのです(^^)

そして運転免許試験場などで合格し、無事に免許を取得できたあとも
ずっと安全運転でいてくださいね!

◇ ◆ ◇

「みんな最初からできるわけじゃない!」のページは ➡︎ こちら をタップかクリック!

【学科教習のコツ1・基本編】は ➡︎ こちら をタップかクリック!

【学科教習のコツ2・勉強法編】は ➡︎ こちら をタップかクリック!

【ミミ’s エッセイ&コラム】 ドラクエと鬼滅の刃で考えよう!〜学科教習を制する者は運転免許を制する〜 は ➡︎ こちら をタップかクリックしてくださいね!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA